Material

素材への探究心。

革、布地、金具など、使用するすべての素材には意味があり、常に最高級のものを手配します。それは、革の加工やナイロンの色、金具の鋳型など、ときにフェリージだけのエクスクルーシブ(オリジナル)を作ることにもあります。このような素材への探求心は、フェリージが受け継いだ特筆すべき伝統と言えます。

  • フェリージが創業以来こだわり続けている素材に、ナチュラルレザーがあります。自然素材のタンニンを使った伝統的な製法で作られ、年月を重ねるうちに美しく表情を変えるこの革は、最高峰のタンナーから市場に流通する前に直接買い付けています。このような特別な革は、世界でもほんの一握りのブランドでしか手に入れることが出来い希少なものです。

  • ナイロン

    1992年に発表されフェリージの顔ともなったナイロンと革とのコンビネーション。シルクのような光沢となめらかさがあり、エレガントで繊細な色気が漂うナイロンと、昔ながらのナチュラルレザーのコントラストは、従来の安価なナイロンバッグの常識を大きく覆すものでした。フェリージは、ここから高級カジュアルバッグという新しいジャンルを確立し、さまざまなカラーバリエーションを発表。今では、このコンビネーションによるバッグは、フェリージの象徴的な存在となっています。

  • 付属品

    フェリージのこだわりは、金具などの付属品にも及びます。他には無い優しさや温もりを感じられる真鍮は、ロゴを刻印したもの、革を巻いたものと、パーツの種類は数百にものぼります。伝統的な方法で、鋳型に流し込まれた独特な風合いの真鍮は、耐腐食性が高く、古くから船舶、家具、楽器など様々なものに使われてきました。そして、その上品で優しい光沢は、使い込むほどに渋みをたたえ、革と同様に、使う人の愛着へと繋がっていくのです。