Craftsmanship

我が子のように情熱を注ぐ。

最高峰のタンナーから届いた革は、さらに細かくチェックされ、使う部分のみを贅沢にマーキングし、鋳型や、オールハンドで丁寧に切り分けます。その後、革の厚みの調整、エッジの面取り、磨き処理に始まり、縫い針やビスを通すための穴開け、芯地による立体感の演出などが手作業で行われ、縫製では革などの材質の違いによって専用のミシンを使い、じっくりと縫い上げていきます。

こうして仕上がった製品は、厳しい品質チェックがなされ、それを通過したものだけが世界各国に送り出されます。けっして大量生産はできない、手間ひまをかけて完成した製品からは、我が子と同じように情熱を注ぐ職人たちの愛情に満ちた仕事が感じられます。