Mikiさんはフード関係の撮影を手がけることも多い。この日の仕事スタイルは、ピンクのスカートで女性らしさをプラスした。コーティングツイル×バケッタレザーのトートバッグ(H31×W40×D15㎝)¥59,400 / フェリージ(フェリージ 青山)

写真:TISCH(UM) 文:TOMOKO KAWAKAMI
2017.09.15

旅に仕事に、写真家が選ぶフェリージのバッグ。

モデルやフォトグラファーとして活躍するMiki Imaiさんは、何げない日常やパワーチャージのために出かけた旅先など、さまざまなシーンをお気に入りのカメラ、ローライ フレックスで写し撮る。その温かみのある写真と、それを切り撮る彼女の視点は、多くの人々の心を掴んで離さない。そんな彼女に今回、旅に、仕事に、一緒に連れて行きたいバッグを選んでもらった。直感を信じると語る、Mikiさんのアンテナに引っかかったバッグとは?

永く愛したい、フェリージのトートバッグ。

写真を撮る時も、何かを選ぶ時も直感を信じて。

大学在学中からモデルを始め、仕事をして、お金を貯めては旅行に出かけていたというMikiさんに転機が訪れたのは30代半ば。「若い頃は、頂いた仕事をこなしている感じもありました。でも年を重ね、自分のやりたいことというか、信念に沿った仕事を選んでもいいのでは?と思えてきて。モデルとして撮られる側から、撮る側にも」。その時期に、食品メーカーの企画に携わる仕事が舞い込み、流れが変わったとか。趣味の範囲で楽しんできた、ローライ フレックスで撮った写真もウェブやブログで公開することで、仕事へと繋がるようになっていったそう。「ローライ フレックスには心底、惚れ込んでいましたが、フォトグラファーとして仕事をするつもりはなかったんです。私、カメラの勉強とかしたことなかったし。でもいくつかのオファーを頂き、周りの人たちからの後押しもあって、写真の仕事もスタートしました」

大きめサイズのトートバッグは、仕事用、そして旅先でも活躍。バケッタレザーのハンドルとコーティングツイルの異素材ミックスも特徴。トートバッグ(H31×W40×D15㎝)¥59,400/フェリージ(フェリージ 青山)

仕事用のバッグにも彼女らしいこだわりが詰まっている。「レンズやカメラが重いのでバッグは軽くて、マチが広くて、安定感のあるものが好み」。今回、Mikiさんの目に止まったネイビーのトートバッグはまさにその条件にぴったりとマッチしていたとか。「写真を撮る時も、何かを選ぶ時も直感を大切にします。このトートバッグは第一印象でピンときました。ネイビーのコーティングツイルは軽くて、水にも強く、ハンドルやディテールに使われたレザーの上品さもうれしい。間口に付けられたストラップを留めることで、フォルムが変化するのもいいですね」

縁あって、出合ったものは、永く、大切に使いたいという彼女。だからこそ、シンプルだけど、こだわりの詰まったフェリージのバッグが好みなのだそう。「主人にもフェリージのバッグをプレゼントしたことがあります。シンプルなのにかっこよさも併せ持ったオールレザーのバッグでしたね」。永く、大切に使うことで、そのアイテムが自分の人生の一部になっていく。そんな視点で選ぶからこそ、しっかりとした素材選びや、もの作りを重んじるフェリージに辿り着いたのだろう。

ネイビーに加え、ベージュのボディにダークブラウンのハンドル、そしてグレーのボディにブラックのハンドルの3色で展開される。コーティングツイル×バケッタレザーのトートバッグ各(H31×W40×D15㎝)¥59,400 / フェリージ(フェリージ 青山)

ネイビーのコーティングツイルとキャンバス地のコントラストもポイント。間口に付けられたレザーストラップを閉じることで、船型と長方形型のふたつの表情が楽しめる。コーディングツイル×バケッタレザーのトートバッグ(H31×W40×D15㎝)¥59,400 / フェリージ(フェリージ 青山)

  • 15/20/PF+A
    NavyxNavy
    W40×H31×D15cm
    ¥59,400(税込)
  • 15/20/PF+A
    Beige×D.Brown
    W40×H31×D15cm
    ¥59,400(税込)
  • 15/20/PF+A
    GrayxBlack
    W40×H31×D15cm
    ¥59,400(税込)
トートバッグのラインナップを見る。